使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

【営業支援ツール-管理者向け(14)-】リスト毎に閲覧権限を!

テレアポ職人では、リスト毎に閲覧できるユーザを設定することができます。権限が無いアカウントは、そのリストに登録されている顧客情報にアクセスすることができません。

リスト毎の閲覧権限の設定は、[設定メニュー]-[リスト設定]-[基本設定]から行います。

▲リスト設定画面(テレアポ職人)

基本設定画面の権限設定の箇所に、登録されている全アカウントが一覧で表示され、アカウント毎に「権限なし」「オペレーター」「スーパーバイザー」を選択します。

▲基本設定画面(テレアポ職人)

閲覧権限には下記の2種類があり、ユーザアカウントに対して、下記の権限を設定します。
 オペレーター:架電業務に必要なオペレータ権限が与えられます。
 スーパーバイザー:対象リストの各種設定や顧客の一括登録・削除など管理者と同等の操作ができます。
 ※管理者アカウントは全てのリスト閲覧権限、設定権限があります

権限設定の例として、対象リストの運用をまかせるテレアポチームのマネージャーには「スーパーバイザー」権限を与え、テレアポインターには「オペレーター」権限を与えて操作や閲覧できる範囲を制限することで、安全な情報管理を行うことができます。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座