使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

営業職人の新機能

【営業職人】
【営業職人がアップデート!!】


2014年10月29日

営業職人のアップデートを実施し、以下の新機能が追加されました。

多くのお客様よりご要望としていただいていた新機能が多数追加されています。

基本設定

基本設定の設定方法を見直し、今まで会社単位でしか設定できなかった項目を、個人ごとに設定できるようになり、より一人ひとりに使いやすくなりました。

顧客の重複チェック項目を基本設定内で設定するように変更(図1-1

従来は顧客テーブル設定画面で顧客の重複チェック項目を選択する仕様になっていたところ、基本設定の「顧客担当者の重複チェック項目」で設定を行うように変更されました。


顧客一覧の初期表示をアカウント毎に個別設定できるように変更(図1-2

従来は全アカウント共通の初期表示設定でしたが、アップデート後はアカウント毎に個別設定できるようになりました。


本日活動予定通知メールの受信の可否や受信先メールを変更できるように設定項目を追加(図1-3

従来は送信する活動予定メールが存在する場合、無条件でアカウント情報に登録されているメールアドレスに送信していましたが、アップデート後は基本設定で受信の可否を選択出来たり、受信先のメールアドレスを任意に設定できるようになりました。



顧客テーブル


顧客詳細情報に利用できる項目の種類に「数字項目」や「日付項目」など、項目の種類が増え、従来のテキスト項目に比べて活用の可能性が広がりました。


必須項目の選択を一覧ページで行えるように変更(図2

従来、詳細設定を押さないと設定できなかった「必須項目」が一覧から設定できるようになりました。



顧客詳細項目に以下の項目を追加(図3

 ・グループラベル

 ・日付項目

 ・数字項目

 ・ラジオボタン項目


グループラベルは、顧客詳細項目をグループ分けできる機能です。

新しい顧客詳細画面は「図6」をご参照ください

日付項目は、カレンダーから年月日を入力が行える項目で、登録した日付からの経過日数や残り日数、誕生日として利用する場合は現在の年齢を検索出来るようになります。

数字項目は人数や金額と行った数値情報を登録することが出来る項目で、数値に対して単位を付ける事が出来ます。たとえば「資本金」という項目を設定した場合に、単位を「万円」とすることで、[1000]という入力に対して「1000万円」と表示させることが出来ます。

また、資本金の多い順、少ない順でのソートや100~2000といった、範囲を指定した検索も行えます。(図4-2)




顧客一覧・詳細検索


検索の自由度がさらに上がりました。


都道府県をチェックボックスで検索可能に変更(図4-1

複数の地域のOR検索ができるようになりました。

登録されている地域のみ表示されます。


【数字項目】【日付項目】に合わせた詳細検索メニューを追加(図4-2

数字項目:範囲で検索ができます。

日付項目:カレンダーでの範囲指定に、経過日数/残り日数や年齢でも検索できます。


登録日】【更新日が「今日」で検索可能に変更(図4-3

今日登録した顧客や、今日更新した顧客の一覧が簡単に検索で出せるようになります。



一覧表示項目をユーザー毎・一覧ページ毎に設定できる機能を追加(図5

ログインするユーザー毎に自分が見たい一覧表示を自由に選択したり、表示順序を変更できるようになりました。
設定内容はユーザー毎に保存されるため、他のユーザーに影響を与えることなく自由に設定を行えます。



顧客詳細


数字や日付など、項目の種類が増え、従来のテキスト項目に比べて活用の可能性が広がりました。


会社名】【住所にグーグル・地図検索ボタンを設置(図6-1

会社名横のグーグルアイコンをクリックすると、登録されている会社名でグーグル検索が行えます。
住所横の地図ボタンをクリックすると、住所をグーグ・泣}ップで検索出来ます


印刷ボタン】【更新ボタンの設置(図6-2

詳細ページで印刷ボタンを押すと、ヘッダーのメニューやサイドメニューが無くなった、顧客詳細部分のみのページが表示され、必要な情報だけが印刷できるようになります。


グループラベルの追加(図6-3

顧客テーブルの情報をグループ分けできるようになりました。

グループ分けされた詳細情報はグループ毎に折りたたみが出来るようになり、項目数が多くなってもすっきりまとめることが出来ます。



顧客担当者情報の名前を選択(ドラッグ)できるように調整(図7



案件情報の任意の順序変更・表示非表示の切替(図8-1

案件が増えても見やすく管理できるようになりました。


登録済活動履歴から履歴メール送信(図8-2

従来は登録直後のみでしたが、いつでも履歴メールを送信できるようになりました。


あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座

    SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

    システムを120%活用するための
    便利ワザ・機能を紹介