使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

CSVのインポート・ダウンロード時の文字化け対策【エクセル】

【CSVを開いた際に、読めない文字が含まれていませんか?】
【CSVを開いた際に、読めない文字が含まれていませんか?】
「機種依存文字」や「旧漢字」が文字が化けてしまう現象(文字化け)ありませんでしょうか。サスケへインポート・ダウンロードするときにこの現象を防ぐことが出来ます!
※こちらの方法は少々難しいものとなっております。

なぜ文字化けするのか

CSVデータは通常「シフトJIS」という文字コードになってます。その状態で機種依存文字や旧漢字を登録すると“?”や“�”のように文字が正しく表示されません(通称:文字化け)。しかし、文字コードを「UTF-8」に切り替えると文字化けせずに登録することが可能です。CSVデータを「シフトJIS」から「UTF-8」に変換する作業を、ここではご紹介致・オます。

CSVデータを変換させる

  1. インポートするCSVデータを右クリックし、“プログラムから開く→メモ帳”を選択して「メモ帳」でCSVデータを開いてください。 
  2. 「メモ帳」にて“ファイル→名前を付けて保存”を選択してください。 
  3. 「文字コード:UTF-8」「ファイルの種類:すべてのファイル(*.*)」に変更して保存します。
    このとき“リスト(UTF)”など、判別しやすい名前で保存すると間違えが起こりづらいです。 
以上でCSVデータを「シフトJIS」から「UTF-8」に変換できました。

「UTF-8」のCSVデータを一括登録させる

CSVデータの文字コード「シフトJIS」から「UTF-8」に変更しました。このまま通常通りに一括登録を行うと、全ても文字が「文字化け」して登録されてしまいます。その対策として登録方法の一部を変更します。
それ以外は通常通りの一括登録方法と変わりません。詳しくは「各種職人・管理者マニュアル」をご参考ください。
  1. 顧客一括登録のページを開き、“文字コード”のラジオボタンを「シフトJIS」から「UTF-8」に変更します。
    この項目以外の設定に関しては、「各種職人・管理者マニュアル(設定編)」をご参考ください。 

サスケから「UTF-8」のCSVデータをダウンロードする

サスケ内にはUTF-8で登録した「機種依存文字」「旧漢字」が入っています。このままダウンロードし、エクセルで開くと文字化けしてしまいます。今度はこちら補防止していきます。CSVダウンロードについては「リード職人の新機能【CSVダウンロードの設定保存】 今日から始めるサスケ講座」こちらもご参考にしていただければ幸いです。
  1. まずCSVデータをダウンロードするリストを開きます。
    ここで「CSVフォーマット設定」内の「文字コード」をUTF-8に設定し、ダウンロードを開始します。
    このままCSVを開くと文字化けしますのでUTF-8に変換したとき同様、文字コードを再度変更します。 
  2. まず「メモ帳」でCSVデータを開き、名前を付けて保存まで進みます(上記手順と同じです)。
  3. 「文字コード:ANSI」「ファイルの種類:すべてのファイル(*.*)」に変更して保存します。 
これにて文字コードの再度変換は完了しました。実際にエクセルで開いて確認ください。

ぜひ、ご活用いただければ幸いです。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座