使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

一括登録の【保存済み設定】機能を活用してみよう

タイトル
【インポートの時、いつも設定していませんか?】
顧客リストのインポートは、フォーマットさえ同じであれば毎回同じ設定をし直さなくても、簡単にインポートすることが可能です。本日は、こちらの機能をご紹介します。

【保存済み設定】とは

顧客リストのインポート設定を保存する機能となっています。都度インポートするリストがある際には、ご活用頂ける機能となっています。

【保存済み設定】を選ぶには

【保存済み設定】は、顧客一括登録画面にて確認が出来ます。この画面中央「項目フォーマット」に「保存済み設定を利用」という枠があり、こちらが今回ご紹介する【保存済み設定】となります。

【保存済み設定】を作るには

【保存済み設定】を使うには、設定をまず行う必要があります。通常通りインポートの設定(項目の割り当て)を行ないます。画面下部に「上記の取込設定に名前をつけて保存する」の枠がありますので、ここで名前を入力し「次へ」をクリックすると【保存済み設定】が登録されます。 この際、既に【保存済み設定】に登録されている名前を付けると、現在の設定が上書きされます。

【保存済み設定】を削除するには

「保存済み設定を利用する」内にあります「削除」をクリックすると削除できます。削除すると復元できませんので、お気を付け下さい。

こちら、ご活用下さい。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座

    SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

    システムを120%活用するための
    便利ワザ・機能を紹介