使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

アカウントの【グループ機能】について

【アカウントをわかりやすく管理しましょう】
【アカウントをわかりやすく管理しましょう】
アカウントが増えてきたり、各部署でサスケを利用していると、把握しづらくなります。今回は、グループ機能を活用して、アカウントの整理を行いましょう。

グループ機能とは

アカウントを部署などでグループ分けできる機能です。

グループの確認

グループの確認は、サスケの右上にある「歯車」マークをクリックしし左メニューの「グループ設定」をクリックすると「グループ設定」画面へ遷移します。ここでは、現在作成しているグループの確認画面が出てきます。まだグループ設定していない場合は、・Oループの追加のみ出来る状態です。

グループ設定を行う

グループを作成するにはグループ設定から追加できます。上部「グループ名」の一行テキストボックスへ追加したいグループ名を入力し、追加ボタンを押すと追加されます。

アカウントに紐付け

追加したグループをアカウントと紐付けることで、グループ分けが完了します。「アカウント情報」へ移動し、グループへ追加したいアカウントの右側にある「修正」をクリックします。修正画面で「アクセス権限/グループ」のグループプルダウンから選択し、登録します。このアカウントの修正については「サスケのアカウント情報の追加・編集」をご参考下さい。

グループ設定が反映される箇所

サスケ共通

権限設定をグループ毎に設定できます。

テレアポ職人・展示会職人・リード職人

リスト毎の権限を付与する際、グループ分けされて表示されています。

リード職人

リード職人の再アプローチだけを登録する際、グループ分けされてメンバー一覧が出てきます。こちらの機能については「【再アプローチ】機能を活用してみよう」をご参考下さい。

営業職人

案件のメンバー選択する際、グループ分けされて表示されてきます。

ぜひ、ご活用ください。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座