使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

リストの表示・非表示を設定できます

【権限を有効活用!】
【権限を有効活用!】
テレアポリストなどを担当毎に作成した際、他の方のリストや全顧客一覧など、不要なリストだと感じる方もいます。
本日は、これらを非表示にできる設定をご紹介します。

権限設定でリストを非表示に

今回は「全顧客一覧」「メール送信履歴」「対応履歴」「集計」のリスト表示を非表示に設定します。

権限設定画面

右上の歯車から設定画面へ移動し、権限設定をクリックします。
「全顧客一覧」「メール送信履歴」「対応履歴」「集計」のリストを非表示にするので、赤く囲まれているチェックを外し、画面下部の「アクセス権限の変更」ボタンをクリックし確定させます。

各リードソースの非表示設定

先ほどの権限設定で、不要なリストが非表示になりました。しかし、各リードソースは表示されたままとなっています。
次は、青枠で囲っているリードソースを非表示にしていきます。こちらの設定は、リードソース設定から行うことが出来ます。

リードソース設定画面

左メニューのリードソース設定へ移動し、表示・非表示の設定したいリードソースの「修正」をクリックします。
リードソース情報画面で「アクセス権限」という枠がありますので、こちらから設定を行います。チェックが付いている方が、このリードソースを見ることが出来ます。

すっきりとしたリスト表示

以上の設定により、最初に比べすっきりとした表示になりました。
ユーザーの方は「自分のリスト」のみ表示されるようになりましたので、リストで迷う事など無くなります。
なお、上部の「顧客検索」や「キーワードでの顧客検索」を行いますとリスト外の顧客を検索することが出来てしまいますので、こちらは運用でカバーして頂ければ幸いです。

ぜひ、ご活用下さい。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座