使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

Internet Explorerにてサスケが崩れている時の対処方法

 【レイアウトが崩れてしまった!】<
【原因は互換表示!】
Internet Explorerを使っている最中にサスケの画面が崩れてしまった!そんなケースがあると思います。本日は、こちらの対処方法をご紹介します。

サスケが崩れてしまう原因

Internet Explorerを使っていたら急に画像のように表示が崩れてしまったことはありますでしょうか。
このようにサスケの表示が崩れてしまうのは「互換表示」とい機能を使ってしまうことにより起きております。

対策方法

まずは互換表示を使わない、というのが対策の一つになります。また、既に互換表示を使ってしまい表示が崩れてしまったときの対策をご紹介します。

IE10の場合

上部のアドレスバーに、ページの破れたようなアイコンがあります。こちらが青くなっている場合は、クリックして灰色の状態にすると表示が直ります。
こちらで解決しない場合は、Internet Explorerを選択した状態で「キーボードのAlt」を押して頂くと、メニューバーが表示されます(ファイル・編集・表示・お気に入り・ツール・ヘルプ と、灰色のバーが表示されます)。
このメニュー内に「ツール」があり、ここから「互換表示設定」を選択してください。開いたウィンドウに「互換表示に追加したWebサイト」に "saaske.com" がある場合は削除をします。また下部の「すべてのWebサイトを互換表示で表示する」にチェックがある場合はチェックを外して下さい。

IE11の場合

IE11ではIE10のようにアイコンがありません。
そのため、右上の歯車から「互換表示設定」をクリックし、開いたウィンドウに「互換表示に追加したWebサイト」に "saaske.com" があると思いますので、こちらを削除してください。

ぜひ、ご活用下さい。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座

    SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

    システムを120%活用するための
    便利ワザ・機能を紹介