使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

顧客の関連付けができる【関連顧客情報】機能

アップデート

【関連した顧客を紐付けすることが出来ます】
【関連した顧客を紐付け出来ます】
「同じ企業で複数の担当者と名刺交換をした・v「お問合せが同一企業から複数名きた」など“同一企業で別々の担当者”がリード職人へ登録されているケースがあると思います。
これらの担当者同士が“関連している・していない”の紐付けを行うことが出来るようになりました。

【関連顧客情報】機能とは

現在表示している顧客詳細データに対して「関係付けさせた顧客」もしくは「関連するであろう顧客」を表示する機能です。
初めは「関連候補」のみの表示となっておりますが、関連付けを行いますと「関連顧客」として表示させる事が出来るようになります。

「関連候補」として表示される条件

以下の項目(一例)が完全一致、または部分一致していると「関連候補」に対象顧客が表示されます。並び順は更新日順です。
  • 電話番号
  • URL
  • E-mailのドメイン
    @マーク以降の部分が該当します。
  • 会社名
    空欄や(株)などがあると該当しません。
※一致している箇所は青文字になっています。

「関連顧客」への登録

「関連付け実行」ボタンをクリックことで登録することが出来ます。実行した後、右上の更新ボタンをクリックすると画面を更新できます。

「関連候補」に関連付けしたい顧客が表示されていない

画面下部にある「リード職人内から関連顧客を検索」から該当顧客を検索することが出来ます。
こちらで検索に出ない場合は、対象の顧客が「既に別の顧客と関連付けされている」可能性があります。ご確認下さい。

「プレビュー」ボタンについて

ボタンをクリックすると、該当の顧客の詳細ページを開くことが出来ます。



【関連顧客情報】機能の詳しい説明

こちらでは【関連顧客情報】機能について、詳しい説明をご紹介します。

一覧に表示される項目について

  • 左側の画像
    顧客に登録した「名刺 表」の画像が表示されます。
  • LeSaア・Cコン
    営業職人と紐付けされている顧客を表すアイコンです。
  • 会社名・名前・部署・役職・メール・HP
    顧客テーブルの各項目に登録した情報が表示されます。

【関連情報】にて「名前」や「メールアドレス」などが表示されない

関連情報の「名前・部署・役職・メール・HP」は、サスケのデフォルトにて作成されていた項目に紐付いています。そのため、後から追加した項目を「関連情報」へ表示させることは出来ません。また、項目名を変更した場合もこちらに反映されません。
サスケのデフォルトにて作成された項目については「メール送信の変換キー」にて確認することは出来ます。
  • 名前:$dt_name$
  • 部署:$dt_section$
  • 役職:$dt_position$
  • メール:$dt_email$
  • HP:$dt_hp$

ぜひ、ご活用ください。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座

    SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

    システムを120%活用するための
    便利ワザ・機能を紹介