使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

【営業職人へ送る】機能のアップデート

アップデート

【営業職人へデータ移行が簡単になります】
【営業職人へデータ移行が簡単になります】
リード職人から営業職人へデータを移行する際、複数担当のうち1人だけしか移行できませんでした。このアップデートで複数名の移行が可能となり、そして営業職人から戻ることも容易になります!

【営業職人へ送る】機能について

リード職人上で登録している顧客を、簡単操作で営業職人へ移行できるボタンです。

アップデート内容

いままで通り「営業職人へ送る」ボタンをクリックすると、画像のように「リード職人と営業職人のデータ連携」というウィンドウが出てきます。
こちらの機能について、以下ご説明いたします。

1.リード職人と営業職人の連携項目の設定

ここからリード職人と営業職人の項目の割り当て設定を行えます。左側がリード職人の項目、右側が営業職人の項目となっています。
「未割り当て」に設定されている項目は連携されず、登録されない設定になります。

2-1.営業職人内の企業情報から連携先を選択

以下の項目(一例)が完全一致、もしくは部分一致している場合に、リード職人から営業職人上へデータ移行する企業情報の候補が表示されます。
  • E-mailのドメイン
    営業職人の顧客テーブルに登録されているE-mailです。顧客担当情報に登録したE-mailでは検索されません。
  • URL
  • 電話番号
  • 会社名

2-2.関連付けについて「新規の担当者として登録」

企業情報内に新規の担当者データを追加したい場合は「新規の担当者として登録」を選択します。

営業職人へ登録後の「顧客担当情報」について

以前は営業職人上部の「リード職人から登録」タブの機能で、営業職人へ移行してきた顧客データのみ、リード職人のデータと連携され(関連づけされ)ていました。
しかし今回のアップデートにより、営業職人上の個々の担当者データとリード職人のデータを直接連携(関連)させる事ができるようになります。

2-2.関連付けについて「(既存のリード職人と営業職人のデータ)と関連づける」

また新規でのデータ移行だけではなく、既存のリード職人と営業職人のデータ同士の関連付けも可能です。 今回のアップデートにより「企業情報とリード職人のデータ」ではなく、「個々の担当者データとリード職人のデータ」を自由に行き来をすることが出来るようになりますので、新規のデータ移行だけではなく既存のデータも「連携させる(関連づける)」と、より利便性の高い活用が行えるようになります。
※こちらの機能は顧客情報を「連携する(関連づける)」だけで、「担当者情報のデータ移行及び、上書登録」はされません。

3.営業職人から連携先企業を検索

関連付けさせたい企業が表示されない場合は、こちらから検索することが出来ます。検索後は「2-1」「2-2」と同様のことが行えます。

4.営業職人に新規登録

この登録方法は従来の「営業職人へ送る」機能と同様のものになっています。新規で営業職人へ登録する際は、こちらを選択して下さい。


営業職人との連携を解除

連係を解除するには、リード職人上部「営業職人に登録済」タブ右上にあるバツ印をクリックすると解除可能です。再度連携させる場合は「2-2.関連付けについて」を参考に登録を行って下さい。

ぜひ、ご活用下さい。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座

    SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

    システムを120%活用するための
    便利ワザ・機能を紹介