使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

既に作成してある「項目の種類」を変更する

【一工夫で項目の種類を変更出来ます】
【一工夫で項目の種類を変更出来ます】
既に作成してある項目、例えば「プルダウン項目」を「チェックボックス」へ変更したい。そんなご要望に本日はお答えします。

作成済の項目

例えば、プルダウン項目で「営業担当」という項目を既に作成してあるとします。
しかし、使っているうちにに「プルダウンでは無く“チェックボックス”へ変更したい!」というご要望が出てくることがあると思います。
本日は、こちらの方法を解説します。

下準備 -その1

まず始めに、新しくチェックボックスの「営業担当」項目を作成する必要があります。
今回は顧客テーブルの項目のため、「顧客テーブル設定」から「営業担当(チェックボックス)」という名称のチェックボックス項目を作成します。
この名称は後ほどで・熄C正可能です(今回は分かりやすい名称を付けました)。

下準備 -その2

つぎに「営業担当」の情報をダウンロードする必要があります。
まず「全顧客一覧」へ移動し、「CSVダウンロード」ボタンをクリックします。
ここで必要なのが「サスケ顧客番号」という項目と、今回情報を移したい「営業担当」の項目にチェックを付け、CSV出力実行をクリックします。
これで下準備が完了しました。

あたらしい項目へ情報をインポート

下準備が終えたら、新しい項目へ情報をインポートしていきます。
「一括登録」画面へ移動し、以下の設定を行います。

インポート設定

  • 顧客情報の登録方法:上書き登録のみ
  • 既存顧客データとの紐付方法:サスケ顧客番号
  • 登録データの種類:顧客情報のみ
  • 項目フォーマット:任意設定

インポートファイル

  • ファイル:ダウンロードしたCSVデータ
上記設定が完了したら、次へボタンをクリックします。

項目の割り当て画面へと移動しました。
今回、情報をインポートしたい項目「営業担当(チェックボックス)」の取込データ列名を「営業担当」へ割り当てます。そして、右側の「既存データが登録済みの場合の登録方法」を「上書き登録」へ設定します。
設定を終えたら「次へ」進み、インポートを完了させて下さい。

インポート完了後

インポートが無事、完了すると画像のように「営業担当(チェックボックス)」の中に「営業担当」と同じ情報が入っています。これで今回の操作は完了となります。

ぜひ、ご活用ください。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座