使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

リードソース(イベント情報)を複製する

【リードソースの複製できます】
【リードソースの複製できます】
リードソースの設定を複製する方法は簡単です。しかし、そのリードソースに紐付けられている顧客の情報までを丸々コピーすることは出来ません。本日は、CSVダウンロードを活用した「リードソースのコピー」をお伝えします。
※PDF等のファイルをコピーすることは出来ません。

コピーしたいリードソースを決める

まず始めに、どのリードソース情報をコピーするか決めます。

コピー先のリードソースを作成

リードソース設定から、リードソースのコピーを作成します。

CSVダウンロードをする

大元のリードソースへ入り、CSVダウンロードボタンをクリックします。
出力項目の設定画面が開きますので「サスケ顧客番号」も一緒にダウンロードします。

インポートを行う

「一括登録」をクリックし、以下の設定を行います。

インポート設定

  • 顧客情報の登録方法:上書き登録のみ
  • 登録データの種類:リードソースのみ
  • リードソースの割当:コピー先のリードソース。
    今回だと「モダンホスピタル2015(コピー)」
  • 項目フォーマット:任意設定

インポートファイル

  • ファイル:ダウンロードしたCSVを選びます
上記設定が完了したら、次へボタンを押します。

項目の割り当て画面へと移動しました。
今回「コピーしたリードソース」と「ダウンロードしたCSVデータ」の項目は、同じものなため自動的に割り当てられています。
なので、右側の「既存データが登録済みの場合の登録方法」を「上書き登録」へ設定し、「次へ」進みインポートを完了させて下さい。

結果画面

こちらで、先ほどインポートした情報が入っているかご確認し、登録を押し完了します。
これでリードソースとその中身のコピーが完了しました。

ぜひ、ご活用下さい。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座

    SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

    システムを120%活用するための
    便利ワザ・機能を紹介