使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

WebフォームとサスケLeadの連携方法(新規作成時)

【新規作成だと簡単に連携できます】
【新規作成だと簡単に連携できます】
Webフォームを新規で作成する際、リードソース(イベント情報)と簡単に連携させることが可能です。

事前設定

WEBフォームを作成するまえに、サスケLead(展示会職人)への受け皿となるリードソース(イベント情報)を作成します。ここではWEBフォームで必要な項目(例えばセミナーであれば「参加時間」や「参加人数」、「備考欄」など)を事前に作っておきます。

WEBフォームの新規作成

受け皿を作成したら、WEBフォームの作成へと入ります。WEB職人の「WEBフォーム設定」から「新規登録」ボタンをクリック。
「他のサスケサービスとの連携フォームを作成する」から先ほど作成した受け皿、リードソース(イベント情報)を選択します。
すると、WEBフォームの設定画面、「フォーム基本設定」へ遷移するので、必要な情報を入力・選択します。
下部の「連携項目」については、基本的には「サスケ顧客番号」を残しそれ以外はフォームで必要な項目を選択します。設定が完了したら登録を完了させます。
登録が完了すると、先ほど選んだ項目がWEBフォームの項目として自動生成されます。

この方法でWEBフォームを作成すると、サスケLead(展示会職人)からメールを送った際、サスケ顧客番号を用いて自動連携されるようになります。
ぜひ、ご活用下さい。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座

    SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

    システムを120%活用するための
    便利ワザ・機能を紹介