使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

WebフォームとサスケLeadの連携方法(既存のフォーム修正)

【WEBフォームを先に作っても連携できます】
【WEBフォームを先に作っても連携できます】
既存のWEBフォームと現在お使いのサスケシリーズ、後からでも連携をさせる事ができます。

今回設定するWEBフォームは、画像のように「連携先」が指定されていないWEBフォームが対象となっております。

事前設定

まず、既存のWEBフォームの受け皿となるリードソース(イベント情報)を作成しておきます。ここではWEBフォームで必要な項目(例えばセミナーであれば「参加時間」や「参加人数」、「備考欄」など)を作っておきます。

設定

「連携先」が指定されていないWEBフォームの「サスケ連携」をクリックします。
連携可能なサスケ製品が一覧で表示されるため、取り込み先を選択します。今回は、事前設定で作成したサスケLeadのリードソース(2016/0408 セミナー)へ連携させますので「2016/0408 セミナー」を選択し、「選択」ボタンをクリックします。
すると、WEBフォームの設定画面、「フォーム基本設定」へ遷移するので、必要な情報を入力・選択します。
  • 連携方法
    「手動登録」と「直接登録」の2種類が選べます。手動登録はその名の通り、手動でWEB職人から各職人へ登録する方法となっています。直接登録では自動的にWEB職人から各職人へデータが登録される方法となっています。
  • 登録済み処理
    既にサスケへ同一顧客が登録されている際、どうするかという設定です。基本は「上書き登録」で大丈夫です。
  • 項目の割り当て
    ここでは「WEBフォームの項目」と「各職人の項目」をどのように紐付けるか、の設定が行えます。

これで「既存のWEBフォーム」と「各サスケ」の連携を行うことが出来ました。

ぜひ、ご活用下さい。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座

    SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

    システムを120%活用するための
    便利ワザ・機能を紹介