使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

「禁止」になってしまった顧客を再度、顧客一覧へ表示させるには。

【禁止の顧客を修正しましょう】
【禁止の顧客を修正しましょう】
顧客には取引状態という項目があり、これが「禁止」になると一覧から非表示になります。
本日は、この「禁止」の顧客を改めて一覧へ表示させる方法をご紹介します。

取引状態が「禁止」とは?

対応履歴にて、「禁止」の状態に含まれている活動結果を残すと、取引状態が禁止となります。
この状態になると、顧客一覧から非表示となり検索等に引っかからなくなります。
これについては「顧客が表示されず「削除してしまった?」と思ったとき…」の記事をご参考ください。

「禁止」になった顧客を元に戻すには?

禁止のままでは顧客一覧に表示されず、簡易検索もできません。
そのときは詳細検索から禁止の顧客を一度表示させ、修正する必要があります(詳細検索で禁止の顧客を調べるには、こちらの記事をご参考ください)。

修正したい顧客を開き、修正ボタンをクリックします。
取引状態を「禁止」から「継続・完了」に設定し、修正を完了します。
これで禁止から修正が完了しました。

ぜひ、ご活用ください。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座

    SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

    システムを120%活用するための
    便利ワザ・機能を紹介