使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

エクセルにて、都道府県・市区町村以下を抜き出すには?

【関数を使って整理!】
【関数を使って整理!】
サスケを使っていると、住所欄に都道府県から入力された情報が混じったりしませんか?今回はこの混ざってしまった情報の抽出方法をご紹介します。

都道府県が混ざってしまった住所

以下の画像にて、赤枠で囲ったように都道府県が混ざってしまっていることはありませんか?これを青枠のように「都道府県」「市区町村以下」で分割します。

1. 都道府県の抜き出し

まず始めに都道府県の抜き出しを行います。
今回は「A2のセルに混合した住所」があるので、B2のセルに以下の関数を入力します。
=
IF(MID(A2,4,1)="県",LEFT(A2,4),
IF(MID(A2,3,1)="県",LEFT(A2,3),
IF(MID(A2,3,1)="都",LEFT(A2,3),
IF(MID(A2,3,1)="道",LEFT(A2,3),
IF(MID(A2,3,1)="府",LEFT(A2,3),
LEFT(A2,0))))))
これにより、A2のセルから都道府県の情報を抽出できます。もちろん、都道府県がない場合は抜き出されません。
またお持ちのエクセルによって住所のセル番号が違うと思います。そのときは、上記の関数の「A2」を変更する必要があります。

関数の入力が終わり、1つ目の都道府県の抽出が完了したら、そのまま下へ引っ張っていき全ての都道府県を抜き出します。

2. 市区町村以下の抜き出し

都道府県が抜き出せたら、市区町村以下の住所を抜き出します。
C2のセルへ、以下の関数を入力します。
=SUBSTITUTE(A2,B2,"")
これで、A2から市区町村以下の住所を全て抜き出すことができました。
この関数もエクセルによっては住所・都道府県の場所が異なると思います。上記関数のA2が「混合した住所」のセル、B2が「先ほど抜き出した都道府県」のセルを指定しているので、異なる場合はそれぞれにあわせてください。

関数の入力が終わり、1つ目の市区町村以下の住所の抽出が完了したら、そのまま下へ引っ張っていき全ての情報を抜き出します。

これで都道府県・市区町村以下の整理が完了となります。
ぜひご活用ください。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座

    SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

    システムを120%活用するための
    便利ワザ・機能を紹介