使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

Webフォームへ会社名や名前の自動挿入機能について

【一括送信メールの裏技です!】
【一括送信メールの裏技です!】

サスケの一括送信メールでは【$dt_company$】を入力すると会社名が自動的に挿入される機能があります。実は【$E-dt_company$】と先頭に「E-」を入力することにより会社名がパーセントエンコーディング(Wikipedia)されて挿入することができる機能も付いております。

この機能を上手く使いますと、一括送信メールで送ったWebフォームに「会社名」や「名前」などを自動挿入させることが可能です。

Webフォームでの操作

1. Webフォームの作成

始めに「テスト用フォーム」など分かりやすい名前でWebフォームを作成します。このときサスケLeadとの連携はしなくてOKです(もちろん、本番では行う必要があると思います)。

2. 項目を作成

「項目設定」で以下の項目を作成します。
項目名:会社名
項目の種類:一行テキスト
必須項目:入力を必須にする
初期値受取用パラメータ:company

項目名:名前
項目の種類:氏名
必須項目:入力を必須にする
初期値受取用パラメータ:name
上記項目を作成すると、以下のWebフォームと同様なのが出来たと思います。

サスケLeadでの操作

1. デモ企業の作成

今回の作業はサスケからメールを送ったときのみ使える作業なので、メールを送るための「デモ企業」を作って下さい。最低でも「会社名」「名前」「メールアドレス」の3つを記入しておいて下さい。

2. デモ企業へメールを送る準備

先ほど作成したデモ企業を一度検索し、その1社だけが表示される状況を作って下さい。例えば登録した社名や、メールアドレスなどで検索して下さい。他の企業がありますと、そちらへもメールが送られてしまいます。1件だけ表示できる状態になりましたら「メール送信」ボタンをクリックします。

3. デモ企業へメールを送る

“送信メールの作成”へ移りましたら、適当な件名を入力して下さい。
本文へ先ほど作成したWebフォームのURLを記入し、このURLの後ろへ「&company=$E-dt_company$」と「&name=$E-dt_name$」を入力して下さい。以下のURLのようになったと思います。この状態で、一度メールを送って頂けますでしょうか。
https://secure-link.jp/wf/?c=wf1234&company=$E-dt_company$&name=$E-dt_name$

4.受信したメールを確認

実際にメールを受信すると、以下の様な長いURLになってます。
https://secure-link.jp/wf/?c=wf1234&company=%E3%83%87%E3%83%A2%E4%BC%81%E6%A5%AD...

そしてこのURLクリックすると、会社名と名前が自動的に入ってます。

この機能の解説

以下、先ほどの簡単な解説です。会社名の差し込みを例に、書かせて頂きました。

メールを送る際に「&company=$E-dt_company$」を付けて頂きました。
こちらのキーの意味は、以下の様なものとなってます。

【&】

この&は「WebフォームのURL」と「company=$E-dt_company$」を紐付けるための文字です。

【company】

「company」は、Webフォーム初期値受取用パラメータを指しています。Webフォーム上で「test」というパラメータを作ったら、ここは「test」と入力することになります。

【=】

この=は、Webフォームの「company」へ自動挿入させるのはどれか指定させるための文字です。今回は会社名を自動挿入させたいので、=の右側に「$E-dt_company$」をくっつけています。

【$E-dt_company$】

「$E-dt_company$」は、サスケのメール送信時の「変換キー」を指しています。
今回は「company」へ“会社名”を自動的に入れたかったので「$dt_company$」の変換キーを使ってます(一括送信メールの右側に一覧が載っているのでご確認下さい)。

ただし「$dt_company$」をそのまま使うと、メールが送られた際に以下の様になってしまいURLになってません。
https://secure-link.jp/wf/?c=wf1234&company=デモ企業

これを防ぐために頭へ「E-」を付けた形である「$E-dt_company$」を記入すると「デモ企業」というのがURL化(パーセントエンコーディング)されます。
https://secure-link.jp/wf/?c=wf1234&company=%E3%83%87%E3%83%A2%E4%BC%81%E6%A5%AD...
例えば名前である「$dt_name$」をURL化するのであれば「$E-dt_name$」、メールアドレスである「$dt_email$」をURL化するのであれば「$E-dt_email$」と入力して下さい。

ぜひ、お試し下さい。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座

    SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

    システムを120%活用するための
    便利ワザ・機能を紹介