使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

Salesの「ステージ」と「案件状態」、この連動について

【ステージと状態は自動の連動!】
【ステージと状態は自動の連動!】
サスケSalesの案件マスタ設定では「ステージ」と「案件状態」という情報を設定できます。本日は、この2つがどのように連動しているかをご説明いたします。

案件マスタ設定の「ステージ設定」に表示されております「案件状態(未変更・継続・成約・失注・完了)」は、

顧客詳細の「案件情報」にあります「状態(継続・成約・失注・完了)」と自動連動しております。

「ステージ設定」の各ステージ名は「活動履歴登録」の最下部にある「ステージ変更」から行う形になります。
このステージ変更で選んだ各ステージの「状態」が、先ほどの「状態(継続・成約・失注・完了)」と紐づいている形になっております。

例えば

とある案件にて、「発注(案件状態は“成約”)」というステージを作成し、
案件に対して活動履歴を残す際に、ステージ変更から「発注」を選択しますと、
案件情報の状態が「成約」に変わります。

また「完了(案件状態は“完了”)」というステージを作成し、
こちらも同様に活動履歴登録の下にありますステージ変更から「完了」を選択しますと
案件情報の状態が「完了」に変わります。

なお、案件状態が「未変更」というものに設定している場合は案件情報の状態は変わりませんのでご注意下さい

ぜひ、ご活用下さい。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座

    SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

    システムを120%活用するための
    便利ワザ・機能を紹介