使用方法についてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

平日9時~17時サスケサポートセンター0120-888-602

SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

システムを120%活用するための
便利ワザ・機能を紹介

Webフォームの規定値をURLで指定するには?

各種設定

【URLで規定値を指定することができます】
【URLで規定値を指定することができます】
たとえば「資料請求はこちら」というページで「サスケについて」をクリックしたら、自動的に希望資料が「サスケ自体に関する資料」になるように設定したいと思ったことはありませんか?
もちろんWebフォームの「初期値」機能で対応は可能ですが、今回はURLで初期値を割り当てる方法をご紹介します。

設定方法

今回の設定方法は「Webフォームの設定」「ホームページのHTML設定」の2つを行う必要があります。

1. Webフォームの設定

Webフォームで作成した資料請求ページの「項目設定」にて、規定値に割り振りたい項目の修正を行います。今回ですと「希望資料」の項目を修正していきます。
項目設定の修正画面へ移動しましたら「初期値受取用パラメーター」を適当な英数字で設定してください。今回は【service】と設定しました。
また「オプション設定」の内容をこの後使用しますので、テキストなどにコピーしておいてください。

2. ホームページのHTML設定

先ほどコピーした「オプション設定」の内容をURLエンコードします。

URLエンコードの方法

URLエンコードを行うには、外部のツールを使用するのが手っ取り早いです。たとえば“UrlEncode.net”などで行うことができます。
「オプション設定」の各内容を以下のようにUTF-8形式でエンコードしてください。
全ての内容をURLエンコードしますと、以下のようになるかと思います。

ホームページのHTMLを編集

URLエンコードが終わりましたら、ホームページのHTMLを編集していきます。HTMLをエディタなどで開きますと、以下のようにWebフォームのURLが記載されていると思います。
<a href="https://secure-link.jp/wf/?c=wf123456789" target="_blank">サスケについて</a>

WebフォームのURLの後ろに【&service=】と記載します(このserviceは初期値受取用パラメーターで設定した英数字となります)。
<a href="https://secure-link.jp/wf/?c=wf123456789&service=" target="_blank">サスケについて</a>

【&service=】の記載がおわりましたら【=】の後ろに【URLエンコードした文字列】をそれぞれ入力してください。
<a href="https://secure-link.jp/wf/?c=wf123456789&service=%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%82%B1%E8%87%AA%E4%BD%93%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%B3%87%E6%96%99" target="_blank">サスケについて</a>

これでホームページのHTMLの編集は終了となります。

実際に確認してみる

HTMLをサーバにアップロードしてご確認ください。
各ボタンのリンク先が
https://secure-link.jp/wf/?c=wf123456789&service=%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%82%B1%E8%87%AA%E4%BD%93%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%B3%87%E6%96%99
もしくは
https://secure-link.jp/wf/?c=wf69038438&service=サスケ自体に関する資料
といった形式になっております。この状態で各ボタンをクリックし、Webフォームへ遷移しますと「希望資料」に「サスケ自体に関する資料」と規定値が割り振られているはずです。

ぜひ、ご活用ください。

あわせて読みたい

    [(4)] | サスケユーザーのためのサスケ活用講座

    SAASKE TECHNOLOGYサスケ活用講座

    システムを120%活用するための
    便利ワザ・機能を紹介