リードに関するあれこれSAASKE REPORT

  1. TOP
  2. リードナーチャリング
  3. リードに関するあれこれ
  4. > アナログ施策との掛け合わせでデジタル施策やMAの成果は飛躍する

アナログ施策との掛け合わせでデジタル施策やMAの成果は飛躍する

太田 竜平

株式会社インターパーク マーケティングプランナー

現在はクラウドサービスサスケ事業のマーケティング業務を担当。イベントの企画・運営からWEBマーケティングまで幅広く業務を担う。

入社当初はセールスコンサルタントとして活動。50社以上のユーザーに対するリードナーチャリング支援経験からマーケティングや営業についての考察を執筆しています。

いまやBtoBマーケティングではWEBを活用したデジタルマーケティングが主流となり、多くの企業がマーケティングオートメーションの導入、またコンテンツマーケティングへの取り組みなどが盛んに行われております。

今回はデジタルマーケティングと組み合わせ相性の良いアナログ施策についてご紹介致します。

 

アナログ施策とは


BtoBにおけるアナログ施策では展示会への出展やセミナーイベントを指します。

実際にマーケティングオートメーションを導入している企業でもこれらのアナログ施策を重要視し、継続して取り組んでいる企業が多いわけですが、なぜアナログ施策が重要なのか。

ヒントは接触回数と接触時間にあります。

アナログ施策は接触時間が長い


デジタルマーケティング(施策)とアナログマーケティング(施策)ではリードに対する接触時間に違いがあります。

デジタルマーケティング例として、バナー広告を配信し、自社のサービスサイトやオウンドメディアページにリードを送客するとします。

バナーなどからの流入であればある程度そのサービスや商材に対して興味関心をもったリードが流入してくると考えられ、有効な手段といえます。

ただそのリードはどの程度の時間ページに滞在しているのかを考えると一般的には2,3分、長くても10分程度と多くの接触時間を取ることができません。

そのかわり、いつでも情報を見に来ることができるという点では多くの接触頻度を保つことができやすいとい言えます。

ではアナログ施策はどうでしょうか。

デジタルマーケティングのようにリードが見たいときに情報を得るということは難しいため、接触回数を担保することは難しいです。

しかし接触時間を長く取ることが可能となります。

例えばセミナーなどは最低でも1時間からのセッションを設けていることが多く、リードが自社サービスについての理解や魅力を感じてもらうには十分な時間と言えます。

展示会も同様にブース前でのアテンドで終わらせるのではなく、商談席まで誘導することができれば1時間程度はリードに対してサービスの特徴などを伝えきることができます。

獲得リード層が異なる訴求


デジタルマーケティングとアナログマーケティングの違いは接触頻度、接触時間だけではありません。

獲得するリード層も異なります。

例えばブログやコラムなどコンテンツページを用意するコンテンツマーケティング手法があります。

このような施策では基本的にリード自身が自分で調べる・検索するという行動があって初めて施策が機能します。


つまり関連する情報を認知しており、興味・関心を頂いている状態のリード(顕在層)を獲得することになります。

それに対し展示会やセミナーでは多くのリードと接触することが可能ですがリードの層に非常にばらつきがあります。

サービスの導入を検討し始めたリードや情報収集できたリード、勉強しに来たリードなど様々です。ただその割合としては情報収集レベルの方々がほとんどでしょう。

ファネルの考えに照らし合わせるとデジタルマーケティングではある程度の興味関心を持っている層=より案件化に親しい状態のリード層。

アナログマーケティングでは自社について認知やサービス導入によるメリットがしっかりと理解されていない層=これから情報の提供や認知拡大が必要な状態のリード層。

といえます。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

アナログ、デジタルそれぞれの強みを活かすことが中長期的な顧客育成が必要となるBtoBマーケティングでは必須です。

ご紹介したアナログマーケティングに取り組むことで、例えば獲得した”これから客”のリードをデジタルマーケティング施策やマーケティングオートメーション施策にエスカレーションするといった運用も可能になります。

またこれまでデジタルマーケティングで育成してきたリードをアナログマーケティングに引き込む。例えばセミナーへの参加、展示会への来場を促すことができれば接触時間を引き上げることが可能になります。

従来の施策にそれぞれ、プラスαしてみるのはいかがでしょうか。

接触時間接触頻度アナログマーケティングマーケティングオートメーションデジタルマーケティングマーケティング全般セミナー

あわせて読みたい


  • 活用資料ダウンロードページ
  • 導入事例の商会

 タグ一覧

営業課題(1)チームワーク力(1)正確性(1)伝える力(1)聴く力(1)HTMLメール(1)テキストメール(1)データクレンジング(1)名寄せ(1)行動心理学(1)デマンドジェネレーション(1)seo(1)インハウス(1)アウトソーシング(1)インバウンド(1)テンプレート(1)レポート(1)調査資料(1)接触時間(1)接触頻度(1)アナログマーケティング(1)BANT情報(1)コミュニケーションチャネル(1)つらい(1)サイト活用(2)アウトバウンド(2)イベント(1)全体最適(1)個別相談会(1)チェックリスト(1)ホワイトペーパー(2)事例(1)中間コンバージョン(1)リマーケティング(1)接点情報(1)属性情報(1)組織的営業(2)効率化(3)顧客流出阻止(1)アンケート(2)ニーズ種別(2)リード管理(3)部門間連携(5)HRtech(1)SFA(1)セールスイネーブルメント(1)コンバージョン改善(1)LP(1)EFO(1)オンライン営業(1)インサイドセールス(35)リードシナリオ(28)マーケティングオートメーション(22)リードクオリフィケーション(24)リードジェネレーション(25)リードのPDCA(27)リードチャネル(21)リードナーチャリング(50)リードデータマネジメント(44)リードスコアリング(8)Web解析(4)アカウントベースドマーケティング(2)ポイントスコアリング(6)ペルソナ(8)メールマーケティング(24)テレマーケティング(25)データ・ドリブン(24)商談管理(6)データ解析(18)営業管理(17)名刺管理(10)費用対効果(15)売上向上(12)マーケティング・テクノロジーフェア(7)デジタルマーケティング(5)クラウドコンピューティングEXPO(4)Mfair (1)コールセンターCRMデモ&コンファレンス(2)Japan IT Week秋(3)Japan IT Week春(5)市場調査(2)展示会ブース装飾(3)展示会運営(5)展示会フォローアップ(14)営業支援EXPO(6)ブランディング(9)マーケティング全般(25)書類データ化(2)イノベーション(4)名刺データ化(5)ワークタイム(3)AI(2)ワークスタイル(3)人工知能(2)機械学習(1)コンタクトセンターマネジメントセミナー(1)Cloud Expo (2)ディープラーニング(1)ニューヨーク(1)シンガポール(1)タイ(1)バンコク(1)アメリカ(1)海外視察(3)ケーススタディ(5)セミナー(5)海外(3)働き方改革(2)

関連商品

  • リードデータ専用の顧客管理機能を一部体験できる
    3名300件まで永久無料の無償版

  • 2009年からのベストセラー
    CTI付帯テレマーケティング専用システム。